セラミックスの歴史

セラミックスの始まりから、現代のセラミックスに至るまで。

ここでは、セラミックスの歴史を土器のはじまりからみていきます。 現代に至るまでを大きく3つの世代に分けて、各世代におけるセラミックスの特徴を簡単に説明します。

土器の始まりからみるセラミックスの歴史

セラミックスの世代

天然素材(粘土)よりつくる焼き物の時代

土器

焼成温度: 約800°C
縄文式土器、弥生式土器など。
※日本最古のものは約16500年前。世界最古級。


陶器

焼成温度: 約1100-1300°C
瀬戸焼、伊賀焼など。
※素地に吸水性(釉薬を使用)、透光性なし、厚く重く、叩くと鈍い音。


磁器

焼成温度: 約1300°C
有田焼、伊万里焼など。
※素地に吸水性なし、透光性あり、薄く軽い、叩くと金属音。


天然原料を精製し、工業的にセラミックスを生産する時代

明治時代~

ドイツ人ワグネルらを招き、(産業革命で発達した)ヨーロッパの先進陶磁器製造技術を吸収。
セメント工業、ガラス工業も発達し(製鉄も)、伴って耐火物の生産も質・量ともに向上。

※ この時期の代表的セラミックスは、碍子と自動車用スパークプラグ。

高純度化した人工原料より、機能性セラミックスを的確に生産する時代

1940年代~  (1980年代より急速な発達)

原料を高純度化させ、その組成・組織・形状や製造工程を精密にコントロールする事によって、 的確に求める機能や特性を発現させたセラミックス(ファインセラミックス)を工業製造する技術が発達。

エレクトロセラミックス: 電気特性に優れた電子部品となるセラミックス。
バイオセラミックス: 生体親和性を高めた人工骨、インプラントなど。
エンジニアリングセラミックス: 各種工業製品・機器の中に組込まれるセラミックス。

 


補足

土器 6000~7000年前のヨーロッパにおいて、生産技術が高度になっていた。
陶器 5000~7000年前のエジプト墓跡より発見。 中国で4700年前に初めて製造。 日本は鎌倉時代から盛ん。
磁器 中国の唐代で青磁、宋代で白磁の技術が完成。 12世紀に朝鮮へ。江戸時代初期より日本でも。

ガラス 7000~9000年前に製造が始まる。11世紀にベニスで量産。
17世紀技術が向上、18世紀に欧州各地でガラス工場ができ、量産。19世紀、原料を工業生産。
日本では、1670年にオランダから製法伝来。板硝子1909年~。光学硝子1917年~。
セメント 1824年イギリスでポルトランドセメントの特許。日本では1875年よりセメント工業。


(所感) 獲った食べ物を火で調理する時に、周りの土が焼けて固くなり、これで入れ物を作ろう!と思う前に、何か道具を作ったのではないか?と思うのですが。この観点からセラミックスの歴史を観るともっと古くなるのかな?と、専門ではないためこんな風に感じます。

また、大まかで不確実な昔の製造に始まり、最近の細かく深く研究されて確実に作り上げられるファインセラミックス。 基本的なセラミックスの特性を知り、これを向上させ確実なものにする努力が集積した結果、あらわれた産物なのだと、深い感慨を覚えます。


【参考文献】 「わかりやすいセラミックスのはなし」(日本実業出版社)
「これだけは知っておきたいセラミックスのすべて」(日刊工業新聞社)

 

セラミックスねじとセラミックス加工の専門サイト セラミックスファクトリー
セラミックスの基礎知識
セラミックスの基礎
セラミックスとは
セラミックスの種類と物性
金属・樹脂との比較
用語解説
株式会社KDA
  1. HOME
  2. セラミックスの基礎
  3. セラミックスの歴史