炭化ケイ素(炭化珪素)

炭化ケイ素セラミックスの特徴・物性・用途などについて

高温下で強い、耐熱衝撃・耐摩耗性に優れたセラミックス

炭化珪素の画像

名称炭化ケイ素 (炭化珪素)

英名Silicon Carbide (シリコンカーバイド)

化学式SiC

備考黒色~緑色。

 

炭化ケイ素(SiC)セラミックスの特徴

純粋な炭化ケイ素は無色透明で、工業用では、黒色が一般的。 清浄な製造工程ほど色が薄くなる。

高硬度、耐摩耗性、摺動性に優れる

ダイヤモンドの結晶構造によく似ている。 共有結合であるため、かなり高硬度で、他のセラミックスに比べて高温域(1000℃以上)においても機械的強度の低下が少く、耐摩耗性にも優れ、摺動性も良い。

硬さは、新モース硬度において、ダイヤモンドが15、炭化ホウ素14、炭化ケイ素13、と3番目にくるほどかなり硬いセラミックス。

耐熱性

耐熱性としては、空気中で約1500℃~1600℃位まで安定し、耐熱部品として用いられる。

空気中において700℃~800℃以上で酸化がはじまるが、表面にできる酸化皮膜SiO2が内部への酸化進行を抑えるため、耐酸化性を持つ。

高い熱伝導性

金属に似た高い熱伝導率をもち、熱を伝えやすい性質があるため、他の半導体の基盤部材としても利用される。

化学的に安定

化学的に安定しているため、耐薬品性も良好で、酸やアルカリに侵されにくい。 一部の混合酸液にはわずかに溶け、一部の溶融塩や融鉄には溶ける。

半導体である

電気的には半導体であり、シリンコンに比べてバンドギャップが大きいため、高温・高線量環境において利用できる半導体として注目されている。



• セラミックス材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
• 掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。

 

セラミックスねじとセラミックス加工の専門サイト セラミックスファクトリー
セラミックスの基礎知識
セラミックスの基礎
セラミックスとは
セラミックスの種類と物性
金属・樹脂との比較
用語解説
株式会社KDA
  1. HOME
  2. セラミックスの基礎
  3. セラミックスの物性
  4. 炭化ケイ素