マシナブルセラミックス(快削性セラミックス)

マシナブルセラミックスの特徴・物性・用途などについて

工作機械で加工しやすい快削性のセラミックス

マシナブルセラミックス画像

一般呼称マシナブルセラミックス 快削性セラミックス

英呼称Machinable Ceramics

構造※材料に含まれる雲母等の劈開により、快削性があらわれる。

備考※マイカセラミックスとも呼ばれる。

 

マシナブルセラミックス(シェイパルMソフト®)の物性値

シェイパル画像

シェイパルMソフト® Shapal M Soft (AlN・BN

特徴チッ化アルミ(AlN)とチッ化ホウ素(BN)の複合体。BNのへき開性が快削性をもたらす。 熱伝導性が高い事が特徴。低価格。

低熱膨張性、真空特性、電気絶縁性、低い誘電率・誘電損失、高強度である。

真空部品、放熱・絶縁を要する部品、低熱膨張を要する冶具、ヒートシンクetc。

 

  単位 物性値

一般物性

かさ比重 g/cm3 2.90

機械的性質

曲げ強さ MPa 300
圧縮強さ MPa 1200
ヤング率 MPa 19 × 105
ビッカーズ硬度 HV 390

電気的性質

体積抵抗率 Ω・cm 1012
絶縁破壊電圧 kV/mm 40
誘電率 ε(1MHz) 7.1
誘電正接 tanσ 0.001

熱的性質

最高使用温度 1000(酸化中)/1900(非酸化)
熱膨張係数 ×10-6/℃ 4.4
熱伝導率 W/m•k 90


• セラミックス材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
• 掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。

 

セラミックスねじとセラミックス加工の専門サイト セラミックスファクトリー
セラミックスの基礎知識
セラミックスの基礎
セラミックスとは
セラミックスの種類と物性
金属・樹脂との比較
用語解説
株式会社KDA
  1. HOME
  2. セラミックスの基礎
  3. セラミックスの物性
  4. マシナブルセラミックス
  5. シェイパルMソフト物性表