チタン酸バリウム(チタバリ)

チタン酸バリウムセラミックスの特徴・物性・用途などについて

とても高い誘電率、コンデンサ材料として活躍するセラミックス

チタン酸バリウム画像

名称チタン酸バリウム

英名Barium Titanate (Barium Titanium(IV) Oxide)

化学式BaTiO3

備考白色。 コンデンサ中のセラミックスで「チタバリ」とも呼ばれる。

 

チタン酸バリウムセラミックスの用途

コンデンサ

セラミックスコンデンサ、セラミックス積層コンデンサの原料。 モバイル情報端末の小型軽量化に役立っている。

サーミスタ

PCTサーミスタ(温度上昇に対して抵抗が増大): 電子機器の発熱、過電流、異常電流などを感知し、制御する。


チタン酸バリウムセラミックスの画像

只今、準備中です。


• セラミックス材料の取り扱いについて
お取り扱い可能なものとできないものがあります。 お手数ですが都度お問合せ下さい。
• 掲載情報のご利用について 
上記掲載情報は、内容を保証するものではありません。 参考程度の情報としてご利用ください。

 

セラミックスねじとセラミックス加工の専門サイト セラミックスファクトリー
セラミックスの基礎知識
セラミックスの基礎
セラミックスとは
セラミックスの種類と物性
金属・樹脂との比較
用語解説
株式会社KDA
  1. HOME
  2. セラミックスの基礎
  3. セラミックスの物性
  4. チタン酸バリウム
  5. 用途・画像